板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

  • 林院長

ガラス


溶解炉から1400度で溶融されたガラスは保護メガネ越しにも赤とはこういう色だと言わんばかりに光を放っていた。

吹き竿で坩堝より溶融されたガラスを取り出し、作業点である1200度まで下げ、成形を行っていく。

水飴状のガラスはまるで生き物のようにその場に留まることなく絶えずその形を変えていく。

師匠には竿から伝わる感覚でそのガラスの状態が分かるようで、吹くタイミングを教えてくれる。

『はい、今です。少し強めに吹いて下さい。』

『あの~、これって口つけて吹くんですか。』

『?!』

少し困惑した表情を浮かべ、少し間をおいて師匠は言った。

『どう思いますか?』

私は吹き竿に口をつけて、プューっと吹いた。

これって間接キス?!

師弟関係はこうやって築かれるのだろうね。

#ガラス工房

49回の閲覧