• 林院長

花粉性皮膚炎


3月中旬頃がスギ花粉の飛散量がピークに達する。春のさわやかな暖かさに包まれる中、この時期に目のかゆみ、くしゃみや鼻水といった花粉症状で悩まされる方も少なくない。花粉症は衛生状態が改善した現代社会において暇を持て余した肥満細胞(マスト細胞)が花粉に対して免疫反応を示す為に引き起こされる一種のアレルギー症状と考えられている。この時期の鼻炎症状が主に花粉症と思われがちではあるが、実はこの時期に顔や首の露出部がかぶれるスギ花粉による皮膚炎(かぶれ)が起きることもある。花粉性皮膚炎は肌のピリピリとした痛みや痒みなどの症状を来す。冬の間の乾燥で肌のバリア機能が脆弱したところに生じやすい。また、アトピー性皮膚炎でもともと肌のバリア機能が低下している方にも生じやすい。この時期の肌トラブルを繰り返しやすい方は、保湿ケアで肌のバリア機能の安定化を図るとともにマスクやメガネなどで花粉への対策が重要となる。

#花粉性皮膚炎

板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso