板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

  • 林院長

乳児期の肌トラブル


乳児期は一般的に新生児期を含む一歳前後の時期をいう。生後2週頃から母親のホルモンの影響で皮脂の分泌が高まり、顔に白ニキビが出来やすくなる。この赤ちゃんニキビはおよそ生後3カ月頃までに自然治癒することが多い。また、この時期、成長に伴う代謝亢進も相まって皮脂分泌過剰により皮脂腺が集中した顔・頭部・耳後部あたりが皮脂でただれることがある。いわゆる、脂漏性皮膚炎である。赤ちゃん用の刺激の少ないシャンプーやボディソープでやさしく皮脂を洗い落とすことで軽快する。あまりゴシゴシする洗い方は好ましくない。脂漏性皮膚炎でただれたところがかさぶたになった場合は入浴前にベビーオイルなどでふやかせば、洗い落としやすくなる。赤ちゃんにとって寝るのが仕事のようなもので寝返りがうまく行えないことや汗腺が未発達で体温調整が難しく高温であることから首や背中などの蒸れやすいところは汗疹ができやすい。汗で下着がぐっしょりしてないかこまめにチェックするといいだろう。この時期はオシッコ、うんちが頻回な為、オムツ交換を怠るとオムツ皮膚炎をきたすことがある。このように乳児期は赤ちゃんは養護を要する時期であるので、両親・祖父母・保育士の養護する人がケアに気をつければ肌トラブルの重症化を回避できることが多い。

#乳児期