• 林院長

日焼け止め


日焼け止めには紫外線吸収剤と散乱剤がある。

 紫外線吸収剤は化学物質が紫外線を吸収して熱エネルギーに変換して肌への浸透を防ぐ。無色透明で塗り心地が良く、UVカットの化粧品やSPFが高値な日焼け止めは大体紫外線吸収剤が含まれてる。散乱剤に比べたら吸収剤のほうが効果的に紫外線を防ぐ。ただ、吸収剤は化学物質が紫外線を吸収して変化することで肌を刺激することがあり、接触性皮膚炎を併発することがある。

 一方、紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛が紫外線を反射して肌への浸透を防ぐ。白色クリーム状でややベタつき感がある塗り心地ではあるが、特徴としてはノンケミカルである為、紫外線吸収剤に比べたら肌への刺激が少ない。散乱剤は肌の弱い人、子ども向きの日焼け止めである。散乱剤は吸収剤に比べたらやや劣るものの、日常生活レベルでの紫外線対策としては十分である。

 日焼け止めは一度塗布すればよいものではない。数時間おきにこまめに塗ることをおすすめする。

#日焼け止め

板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso