• 林院長

伝染性紅斑(リンゴ病)


 伝染性紅斑はパルボウィルスB19による感染症である。咳・鼻汁を介した飛沫感染で保育園や小学校で流行しやすい。一度かかると終生免疫で二度かかることはまれである。  微熱、風邪症状などの前駆症状後、両頬が平手打ちをくらったかのように赤く腫れる(平手打ち様紅斑)。この様相はりんご病の名前の由来にもなっている。発疹は顔以外に四肢にレース様紅斑として広がることもある。  大人がかかると関節痛をきたす事があり、リウマチと間違われることもある。血液疾患がある方が感染すると、溶血性貧血を併発することがある。妊婦の方が感染すると、それほど確率は高くないが胎児水腫になることがある。  治療はウィルスに効く特効薬などはなく、対症療法が主である。熱が下がり、風邪症状が軽快していれば、発疹があっても感染力は低く、人に移る心配はほとんどない。ほとんどの発疹は1週間程度で消退していく。

#伝染性紅斑

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示