板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

  • 林院長

しもやけ

しもやけ、凍瘡ともいう。一日の寒暖差が10度以上になりやすい冬から春への季節の変わり目に、しもやけは起こりやすい。冷たい外気に曝された後に血行障害を来たしやすい箇所、すなわち手足の指先、耳朶(耳たぶ)、頬、鼻などに症状が出る。皮膚が赤く腫れあがり、ひどい時には水ぶくれを起こすこともある。痒みを伴い、入浴などにより痒みが強くなることも特徴である。子供に多く、成人においては女性に多くみられる。  しもやけの原因は、もちろん冷たい空気に曝されることであるが、同じように寒気に当たっても、しもやけを起こしやすい人と起こしにくい人がいる。つまり、冷気に曝された後の血流の障害の程度とそこからの回復には遺伝的な差があって、しもやけになりやすい体質の人と、なりにくい体質の人がいると考えられている。  しもやけの治療には、ビタミンEの塗り薬が有効である。症状が強い場合、広範囲にわたる場合や毎冬のようにしもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効である。しかし、しもやけの場合には予防が最も重要である。しもやけになりやすい人は、冬に外出する時には、手袋、マスク、耳当て、ニット帽などの防寒具でしっかりと冷気を避けるようにするのが望ましい 。



18回の閲覧