板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

キズパワーパッド

December 7, 2018

 一昔前は傷には消毒が必要という考えが常識とされていたが、昨今では傷に消毒はかえって傷の治りを遅らせるという考えが常識になりつつある。殺菌効果のある消毒は傷の修復を行う自身の細胞にもダメージを与えるので、その結果治癒が遷延する。傷に消毒は不要で流水で洗うほうが傷の治りにおいて良いとされている。

 また、昨今では湿潤療法、モイストヒーリングという傷治療に対する考えの変調がある。傷は乾燥させてカサブタにして治すのが良いという考えから傷は乾かさずに潤いを保つことが傷の修復を行う細胞にとって働きやすい環境であるという考えに変わってきた。そのモイストヒーリングの考えからキズパワーパッドという商品が市販で販売されるようになった。

 ところが、キズパワーパッドの間違った使用により創傷治癒が遷延する患者が多く見られる。実は、傷を湿潤な環境に適度に保つことは言うは易しで中々難しい。特に皮下に達する深い傷や水ぶくれした火傷は体液が漏れ出てくるのでキズパワーパッドでは体液を吸収しきれず、過剰な湿潤環境がかえって傷の治りを遅らせる。また、湿潤な環境は細菌にとっても増殖するのに好都合な環境である。したがって、噛まれた傷や土壌で汚染された傷はキズパワーパッドを被覆することにより感染を助長しかねない。
このようにキズパワーパッドはかすり傷や切り傷などほとんど出血の無いような軽症例にしか適応されない。注意書きにも表記されているので、キズパワーパッドの使用には気をつけてほしい。

 

 

Please reload

特集記事

形成外科とは

July 17, 2016

1/1
Please reload

最新記事

October 30, 2019

September 26, 2019

September 6, 2019

August 23, 2019

Please reload

アーカイブ