板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

食物アレルギー

April 5, 2019

 食物アレルギーには原因となる食物を摂取後2時間以内にアレルギー症状を来たす即時型アレルギーがある。アレルギー症状には蕁麻疹やアトピー性湿疹などの皮膚症状、下痢などの消化器症状や呼吸苦・意識消失などの全身症状を呈するアナフィラキシーがある。食物アレルギーは新生児〜乳児に多く4割程度見られる。しかしながら、食物アレルギーは成長とともに原因となる食物に対して免疫寛容により耐性が得られるので、学童期以降はほとんどが改善し、1割程度に食物アレルギーが見られる。
 特殊な食物アレルギーとして、原因となる食物を摂取してから運動することでアナフィラキシーを来たす食物依存性運動誘発アナフィラキシーがある。また、花粉に感作された人がその花粉アレルゲンと交差反応のある果物や野菜を摂取した時、口腔粘膜に限局したアレルギー症状が見られる口腔アレルギー症候群がある。ちなみに、スギ花粉はトマト、シラカバ花粉はりんごなどに交差反応がある。
 アレルギー検査にはプリックテストや特異型IgEを証明する血液検査がある。治療は原則原因の除去である。

 

 

Please reload

特集記事

形成外科とは

July 17, 2016

1/1
Please reload

最新記事

December 5, 2019

November 17, 2019

October 30, 2019

September 26, 2019

September 6, 2019

Please reload

アーカイブ