板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<眼瞼下垂>
瞼は眼瞼挙筋が収縮することで眼瞼挙筋から伸びた腱膜が付着する瞼の裏にある瞼板が持ち上がることで開きます。しかしながら、眼瞼挙筋事態に問題があったり、眼瞼挙筋を支配する神経に問題があったりあるいは、瞼板に付着している腱膜が伸びてしまったりすると瞼が十分に開かなかったりします。瞳孔(黒目)の上まで瞼があがらないとものが見えづらく、視野を確保するため額の筋肉で瞼を持ち上げようとするため頭痛や肩こりなどの症状を来すこともあります。眼瞼下垂の多くの場合が瞼板に付着している腱膜が伸びてしまったりすることに起因します。当クリニックでは、伸びてしまった腱膜を前転して瞼板の元の位置に付着させることで(挙筋腱膜前転術)、瞼を開き易いようにする治療を行っています。