板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<ケロイド・傷跡>

一度成熟した傷跡はずっと残り続けます。感染を併発したり、傷が開いたして順調に傷が治らなかった場合、傷跡がやや盛り上がった状態で残ることがあります。このような傷跡を肥厚性瘢痕といいます。

傷跡をゼロにすることはできませんが、傷跡修正の手術は皮膚のしわに沿った傷跡に置き換えたり、ジグザグ状の傷跡(ぼかし効果)にすることで比較的目立たない傷跡に置き換えることができます。

遺伝的・体質などにより本来の傷の大きさを越えて腫瘍のように育つ傷跡をケロイドといいます。ケロイド体質の方は、虫刺されやニキビでも原因となることがあります。したがって、ケロイドに対する傷跡修正の手術は、その侵襲によりケロイドを誘発しかねませんので、適応されないことが多いです。ケロイドの活動を沈静化させる薬剤の投与などの保存的治療が望まれます。