板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<粉瘤・脂肪腫>

本来、肌は古い角質が剥がれ落ちたり、皮脂が浮いてきたりします。粉瘤は何らかの原因で皮膚の上皮成分が皮下に埋入して袋状のできものを形成します。すると、古い角質や皮脂がどんどん蓄積されてしこりとして触れるようになります。良性の皮下腫瘍であることが多く、経過を見ていただいてもかまいませんが、袋内の蓄積された古い角質と皮脂に細菌感染を合併すると化膿することがしばしばあり、煩わしいできものです。一般的に袋を取り出す手術が必要となります。いかに小さな傷で袋を取り出し根治に至らしめるかは形成外科医の腕の見せ所です。

脂肪腫も粉瘤と同じように皮下にしこりを触れるできものです。粉瘤が袋状のできものに対して脂肪腫は充実性の脂肪細胞が増殖くした脂肪の塊です。多くが良性のことが多いのですが、まれに脂肪肉腫といって悪性腫瘍もあります。