板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<巻き爪>
荷重のかかりやすい足の拇指に起こりやすい。というのも、爪は伸びる方向が定まっていないので適度に荷重がかかることでまっすぐ伸びていくのですが、拇指のように荷重がかかる部位では爪の両脇の肉が爪の淵に乗っかるため(爪が食い込んでいる状態)、爪はまっすぐ伸びず下方向に落ち込むようになります。したがって、拇指に荷重がかかりやすくなるような先が窮屈な靴を履いたり、爪切りで深爪にしたりすると爪が食い込みやすくなりますので、容易に巻き爪になりやすくなることが考えられます。言い換えれば、靴の選び方や爪の切り方次第で予防できますし、軽度のものであれば治ります。中等度~重度の巻き爪に対してはワイヤーを用いた爪の矯正や食い込んでいる爪を部分的に抜爪する手術(フェノール法)などを行います。