板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<目もと>
目もとの変化はその人の印象に大きく影響を及ぼします。一重の方が二重になると、瞼の開き自体は変わりませんが、目がぱっちりとした印象になります。アイプチやテープなどでも簡単に二重は作れます。ただし、これらのアイテムは時々ご使用される分にはあまり問題にはなりませんが、日々常用すると瞼の皮膚が厚くなったり、皮膚が伸びたりなどトラブルを生じます。
クリニックが行う二重形成には埋没法と切開法があります。埋没法は好みの二重幅にナイロン糸で瞼の裏にある軟骨のような板(瞼板)に固定することで二重を作ります。施術後からの回復期間(ダウンタイム)が短く、平たく言えば、施術後から人前に出て心配されるような腫れ方はしません。糸が外れれば、ラインは消失します。逆に、糸を外せば元に戻すことができるので、やり直しができる施術です。
一方、切開法は好みの二重幅で切開することで傷口を瞼板前組織に癒着させることで二重を作ります。組織が一度癒着すれば、なかなか外れないので、取れない二重形成と言えます。ただし、取れない代わりに元に戻すことはできないうえ、修正も困難な施術です。1週間程度腫れは続きます。腫れの程度は人目を気にするほどと思われます。
二重の形は人それぞれ好みがあります。ご要望に応えるため、目頭切開、眼窩脂肪の脱脂やタルミ取りなどを合わせて行うことがあります。