板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso

<美肌>
美肌の定義こそ難しいのですが、しみがなく弾力や張りのある肌ではないかと思います。
​紫外線から肌を守るためにメラニンが産生されます。年齢とともにメラニンの排出が悪くなったり、メラニンを産生するメラノサイトに異常を来したりすると、蓄積されたメラニンがスポット状に現れてきます。このようなしみはレーザー治療や光治療で薄くすることができます。
肌にはコラーゲンで作られている真皮層があります。真皮層により肌の弾力や張りというものが感じられます。残念ながら年齢とともに真皮層のコラーゲンの作りが粗雑になってきます。肌の弾力や張りが失われていくと、しわが目立つようになります。
紫外線はしみ・しわの原因と言えます。紫外線による肌へのダメージは老化を進めます。紫外線対策はアンチエイジングといっても過言ではありません。
プラセンタは胎盤由来の成長因子で細胞を活性化します。細胞を活性化することで肝臓疾患において肝臓修復を促したり、更年期障害による不快な症状を和らげたり、様々な疾患で万能薬になりつつあります。美容においてはコラーゲンの産生とメラニンの排出を促すことで美肌効果が期待できます。
ビタミンCは肌にとって抗酸化作用とメラニンの産生を抑制する作用がありますので、美肌という点でこの上ないサプリメントと思われます。
ビタミンB(にんにく注射)は、疲労回復、筋肉・神経の修復を助けます。アスリートで過度のトレーニング後に使用することがあります。