• 林院長

ほくろの見分け方


悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚ガンでガンの中でも悪性度が高い。悪性度が高いとは転移しやすく、生命予後があまりよくないことである。言わば、悪性度が、高いガンであればあるほど早期発見、早期治療が予後を左右する。悪性黒色腫(メラノーマ)にはいろいろなタイプがあるが、日本人には四肢末端黒子型が多く。手のひらや足の裏に出来やすい。よくメディアで、足の裏のほくろに気をつけてと警鐘を鳴らしているが、それである。 自宅でもある程度、ほくろと悪性黒色腫(メラノーマ)を見分けることができるので、参考にしてほしい。 形が左右対称であるかどうか。 大きさが6ミリを超えてないかどうか。 色にムラがないかどうか。 隆起してないかどうか。 これはほくろではないかもと思ったら、お近くの皮膚科に相談を!

#悪性黒色腫

板橋本町皮膚・形成外科

 

板橋本町駅A1出口より徒歩5分

夜間救急
救急当番医はこちら
  • Facebook Basic Black
  • Black Twitter Icon

© 2016 by Itabashi Honcho Dermatology Plastic surgery. Proudly created with Denso